ナースになったあなた

ナースは職業です。社会的な身分なので、自ら望んでなるものです。
何かのきっかけ、小さい頃お世話になったナースが忘れられないのか、お母さんがやっていたからか。何かの理由でなりたいと思ったあなたは大学や専門学校でしっかり勉強を重ねて、自分の望んでいる東京の大きな大学病院の求人情報を見たあなたはそこに応募して、見事面接を突破。晴れてナースとしての第一歩を踏み出すことに成功しました。
ナースとして見える景色は前とは、想像していたものとはまったく違うものでした。ナースの仕事は過酷で、責任も重くのしかかり、休みもしっかり好きなとることができないので気に病んでしまうことも多いです。
それでも、あなたは志したナースの道をしっかりとした歩みで一歩一歩前に進みます。


ナースの周りは病人やけが人ばかり

病院で働く以上、目にするのは病人やけが人ばかり。中にはもう死ぬのが間近だという風に見える人もいたりしてそれを見たあなたは落ち込みます。
しかしそれでも続く毎日の中、あなたは助けられる病人に精一杯手を尽くして治療します。確かにメインの治療は医者しかできないものの、そのサポートを全力で行います。その患者さんの悩みや心のケアも行って、医者の手が届かない場所をしっかり治療します。それがあなたのできることで、しなくてはいけないことだからです。
時には自分のやりたいこと。希望などを全部犠牲にして看護師としての仕事を優先しなくてはならない時もあるでしょう。そんなときも泣き言は言わず、襲いくる悩みや苦しみに耐えていくしかありません。


ナースの喜び

担当していた患者さんが長い入院期間を経て退院します。入院したときは見ていて心配になるほどの病状だったものの、今ではすっかり元気になっており、少し前を思い出してあなたは思わず涙しそうになるでしょう。
絶えず感謝する患者さんを見て、あなたは働いていたことのやりがいを強く感じます。働いていてよかったと、強く思うのです。これは他の仕事をしていても味わいにくいものかもしれません。なんせ人の命を助けたのですから。
人間関係の悩みも、お金の悩みも、生きていてこそのものです。命の大切さを、あなたはナースの仕事を続けていくうえで強く感じることとなります。あなたが憎く思うあの人も、嫌味を言ったあの人も、等しく生きているのです。
そのことを思えば、日々の労働にも張り合いが出てくるのではないですか? 転職しようか悩んでいるのが、なんだかバカバカしくなりませんか?

This entry was posted in ナース 転職. Bookmark the permalink.

Comments are closed.